Home > 3.モデルルート > route3

うまいもんジャンル別もくじ

明石玉子焼

今では、全国的に有名になった明石名物の「明石玉子焼」はタコ焼きのルーツと言われ、江戸時代の終わり頃から、人々のあいだで親しまれてきました。
小麦粉・じん粉(小麦でん粉のこと)・玉子を溶いた主だねの中に、新鮮な明石ダコを包み込んで、銅板の上でまるいかたちに焼き上げて作ります。
お店によってその“粉”の配合やタコの味わい、だし汁にも個性があります。
そして、さい箸を自由自在にあやつりながら絶妙な焼き加減でひっくり返す技には驚かされます。
焼き上がると鮮やかな紅色のあげ板に乗せられた明石玉子焼はまさに芸術作品のよう。
できたてをソースではなく、三つ葉やねぎを薬味に使った特製だし汁にくぐらせるというシンプルな食べ方で、あっさり風味が魅力です。

明石玉子焼

にくてん

全国には色々な粉もんがありますが、「にくてん」とは高砂流のお好み焼きのことです。
高砂以外の地域でも同じ名前があるようですが、薄く延ばした生地にジャガイモ、キャベツ、筋コン(牛筋とコンニャクを炊いた物)などをたっぷりのせ、甘めのソースを塗り半分に折りたたんで食べるのが高砂流。
一番の違いは味付けされ煮込まれたじゃがいもが入っていることです。
小麦粉のもっちり感とジャガイモのほっこり感がよく合います。
また、ソースにも各店のこだわりがあり、ソースがその独特の風味を一層引き立ててくれ、お好みでかつおぶしや青のりをかけて頂きます。
昔ながらの庶民の味として市民に親しまれています。

にくてん

かつめし

「かつめし」は、「カツレツ」や「かつ丼」とは違う加古川市発祥の郷土料理で、洋皿にご飯を盛り、その上にビフカツをのせ、デミグラスソース系のソースをかけた洋食風の食べ物です。
戦後まもなく加古川駅前の洋食店から始まったと言われるこのメニューは、今では加古川市内のほとんどの洋食店、喫茶店で食べることができるほど定着しています。
加古川市民に深く浸透したかつめしですが、市外ではほとんどお目にかかれない不思議な一品です。
また、かつめしの付け合せには茹でたキャベツを添えるのが一般的でお箸で頂くのがルール。
店によってはトンカツやチキンカツ、エビカツなど色々なアレンジがあり楽しめます。

かつめし

地元特産品を味わえる料理店

地元特産品を味わえる料理店

東播磨の銘菓

東播磨の加工品

その他飲食店等

詳細を見る

ページの先頭へ